提出

申請は正しく送信されました

あなたのメールアドレスに通知が送信されました!メールアドレスにログインして、指示に従ってパスワードの手続きを完了して下さい

完了

中国の概要

人気地域

中国グルメ

民俗祝祭日

民族風情 > 中国の概要 > トップページ

民族風情

中国は昔から統一している多民族国家である。新中国成立後、識別されている、また中央政府に確認されている民族は合計56個で、そのうち漢族は第一大族であり、中国総人口の91.51%を占める。その他民族は人数がより少なく、8.49%を占め、一般的に少数民族と呼ばれ、主に内モンゴル、新疆、寧夏、広西、チベット、雲南、貴州、青海、四川、甘粛、遼寧、吉林、湖南、湖北、海南等の地域に分布している。

中国の少数民族は特徴が多く、そのうち代表性の高い民俗はチベット族、ウイグル族、回族、苗族、壮族、モンゴル族等がある。

チベット族

チベット族は主にチベット自治区及び青海、甘粛、四川、雲南等の省に住み着き、チベット語を公式言語とする。チベット語はサンスクリットの一部の字体を参照に紀元7世纪前に創制され、左から右へ横書きする表音文字である。字体は楷体と草体の两種類に分けられ、チベット族地域全体に通用する。

チベット族の服飾の特徴は長袖、広腰、大襟にある。女性は冬に長袖長袍を、夏に無袖長袍を着て、長袍の中で様々な色と模様の下着を着て、腰前に一枚の彩色模様の前掛けをしめる。チベット族人民は特に「カタ」が好きで、それを最も貴重な贈り物とする。

ウイグル族

「ウイグル」はウイグル族の自称で、「連合」の意である。ウイグル族は多源民族である。主要なルーツは2つある:一つはモンゴル草原の回紇人で、もう一つは南疆オアシスからの原住民である。この2つのルーツは紀元840年に大規模の結合を遂げ、16世纪初に完全に融合を完成した。長い歴史発展において、ウイグル族人民は勤勉と智慧で優秀な文化を創出し、独特な民族風情を誇る。

ウイグル族は主に新疆ウイグル自治区天山南側のカシュガル、ホータンのあたりとアクゾ、コルラ地域に住み着き、その他は天山北側のウルムチ、イリ等の地域に散居し、少量は湖南桃源、常德及び河南開封、鄭州等の地域に住み着いている。彼らは独自性の高い文化芸術を抱え、物語集『エペンディの物語』、音楽舞台劇『十二ムカム』、ウイグル族舞踊等は世界に名を馳せる。

回族

回族は中国少数民族のおける人口のより多い民族の1つであり、主に寧夏回族自治区に住み着き、新疆、青海、甘粛、陝西、山西、河北、天津、北京、上海、江蘇、雲南、河南、山東、内モンゴル、遼寧、吉林、黒龍江などの地域にも散居している。

回族服飾は鲜明な民族特色を有する。回族集住区では、回族人民は依然として中央アジア人の従来の服飾を保っている。最も目立つ特徴は:男性の多くは小さな白帽子をかけ、女性は各種柄の頭巾をしめている。 回民は伝統饮料のお茶を愛飲し、お茶は回族人民の飲食生活の重要な一部である。回族の日常饮料であり、賓客招待時の貴重な飲み物でもある。

苗族

苗族は中国の31の省、自治区、直轄市に分布しており、主に貴州省に住み着いている。また、苗族人口が10万以上に達する地域は、雲南、湖南、湖北、広東、重慶、四川と広西壮族自治区などが挙げられる。

苗族は自民族の言語を有する。苗語は漢−チベット語系の苗瑶語族苗語支に属する。苗族の音楽舞踊は歴史が悠久で、芦笙(竹製の管楽器)舞踊が人気が高い。苗族の挑花(刺繍の一種)、刺繍、錦織、ろう染め、アクセサリー制作等の手工芸・美術は、美しく色とりどりで、国際にも名を馳せている。

壮族

壮族は中国では古い歴史を持つ原住民民族の1つであり、中国人口の最も多い少数民族である。主に広西、広東、雲南と貴州等の地域に分布する。

壮族は自家織りの土布を衣料とし、多種多様な様式がある。壮族女性の服装は一般的に全身青黑色で、裾がやや広めで、頭上に刺繍毛布をかぶり、腰に精巧な腰掛けをしめる;若い男性の多くは対襟服(前おくみが中央あわせになっているもの)を着て、腰に一本の腰帯をしめる。

壮族は山と川に囲まれる環境で生活することを好む。山紫水明の間に、多くの木楼が散在し、それは壮族人の伝統民居である。どんな家屋でも、神棚を家全体の中軸線に置かなけれなならない。前庁は祝典と社交活動に用いられ、両側厢室を寝室とし、後庁を居間とする。屋内の生活は囲炉裏を中心とし、每日の三食は囲炉裏のあたりで行われる。

モンゴル族

「モンゴル」はモンゴル人の自称で、「永遠の火」という意である。モンゴル族は主に中国の内モンゴル自治区に住み着き、少数は新疆、遼寧、吉林、黒龍江、青海、甘粛、寧夏、河南、河北、北京等の北方地域に集住・散住している。西南地域の四川、雲南等の地域にも少量のモンゴル族が住み着いている。

モンゴル族人民は古から草原に住み着き、牧畜を生計とし、「水草を追って暮らす」の遊牧生活を暮らしている。このような暮らし方は現代社会で弱まりつつあるが、相変わらずモンゴル族の特徴とされている。

モンゴル族の服飾はアクセサリー、長袍、腰帯と靴の4つの主要な構成部からなり、モンゴルの袍はモンゴル族の老若男女から好かれる長袍で、長期にわたる遊牧生活において形成された独特な服飾・装飾である。現在、祝典・集会開催する度に着ることになっている。モンゴル袍の两袖は長く広く、下側の左右が分岐せず、襟がより大きく高く、右からボタンを止める。襟口、袖口、服の縁に飾り罫で飾ることが多い。男袍の多くは青色、茶色である;女袍の多くは赤色、緑色、紫色である。